~「よどえの焼き芋」ができるまで~

土地

包装

熟成

収穫後、3カ月以上、気温や湿度を調節しながら熟成させます
(熟成がすすむとさつま芋からフルーティーな香りがしてくることもあります)


冷凍便(佐川急便/クール飛脚便)で、全国発送いたします
(離島など、一部発送の出来ない地域がございます ご了承ください)
発送

熟成の状態を確認しながら、12月中旬~3月ごろにかけて焼成します
専用オーブンの中で低温でじっくりと火を入れることで、水分を飛ばし、
「べにはるか」の風味をしっかりと引き出します
適度に冷ました後、すぐに急速冷凍(-40℃)し凍結させます

日本海の潮風に乗って天然のミネラルが降り注ぐ砂地です
水はけの良い土壌であり、海・山・川の自然環境にも恵まれた土地です

栽培

 12月~1月 土を耕す
   
厳選された有機肥料とともにヨーグルト・納豆などを土にまきます
 
2月~3月 苗芋の自家栽培
   
良い苗芋は良い親芋から…
 
4月~5月 できあがった苗芋を整えた畑へ植え付ける
 
5月~7月 収穫までの期間、成長に合わせて週に一度ミネラル肥料などを葉面散布する
   
ミネラル肥料を葉面散布することにより、
     害虫を寄せ付けない元気で美味しいお芋を栽培します

 
7月~10月 いよいよ収穫です
   
収穫量よりも味を優先して栽培したお芋
    なるべく傷つけないようにするため、芋掘りは機械を使用せず手作業です


焼き上がり 

さつま芋から蜜があふれ出ている様子です

   TOPページへ

やまだ農園のご紹介

商品のご紹介

写真の品種:べにはるか

一本ずつ包装します
(小さなサイズのさつま芋は2本入りとなります)
箱詰めします

焼成